脱毛OLがゆく〜つれづれ人生一人旅

長年脱毛にトライしてきた丸の内OLが脱毛サロン、クリーム、脱毛器について実体験からレビューしてます

キレイはお金で手に入れる!上から下まで全身脱毛をして、全身まるごと生まれ変わろう!

 

【毛は見られている!】

「〇〇ちゃんのことが好きだったけど、すね毛が濃くてドン引きした」

中学生の時、好きでもない男子から言われていたことがわかりました。

自分でも気にはなっていたけど、いざ言われてみるとめっちゃショックでした。

その日、お風呂にある父親用の髭剃りですね毛をそりました

当然ですが、上手く剃れないし痛い

 

【こんなこともやってみた!】

同じくムダ毛に悩む友人が、脱毛クリームをくれました。

昼休み、体育館のトイレでやってみました。

友達にクリームを塗ってもらい、時間をおいて流します。

金色になった毛は、目立ちはしないけどフサフサしたまま。

しかも、毛が伸びてきたら、あたまと一緒でプリン状態。

なんともかっこわるいし、脱色してるのバレちゃいます。

 

【とにかく毎日自分を傷つける!】

高校生になると、月々わずかばかりのお小遣い(2000円)がもらえたので、ドラッグストアでカミソリを買いました。

毎晩お風呂で毛を剃り続けました

どこかしら傷がつき、流血もします

めんどくさくてさぼったら、中途半端に毛が伸びるので毎晩頑張りました。

 

【いろんなとこが気になってくる

最初はすね毛だけだったけど、腕も指もワキも

全身のムダ毛が気になりだしたのはこのころです。

でも、田舎だしサロンもないし、あったとしても自分で払えないし

大学生になってバイトしたらすぐ脱毛やろう!

10万くらいでいいかな?(甘い)

 

【大学生になって

全身脱毛を始めたという友人が!お値段なんと20万円!とのこと。

自分が思ってたより高い。私も早くバイトしなきゃ。

半年くらい経ってようやく30万円くらいたまったので、ホットペッパーで安い脱毛サロンをみつけ、即予約!

 

【ようやくスタート】

とりあえず、まずは足だけと思っていたら、1箇所のみだとちょっと高くてせっかく通うならいろんな箇所をやっていくのが良いとのこと。

「ご予算は?」ときかれたので、「30万円です!」と答えると「じゃあ全身やりましょうよ!」と勧められ即契約。

こんな勢いも大切です。

福岡市中央区の『アンジェーク』というサロンで、312回通える全身脱毛に託しました!

金額は15万円程度でした。

それでも予算の半額だから大満足!

 

【季節は5月】

夏前ということもあり、この時期は脱毛をしたいという女の子が増殖するそうです。

もちろん私もその中のひとり。

大学生になって初めての彼氏もできていました。

いつ泊りにきても・いってもいいくらいの覚悟がまだできていない部分がありました。

彼氏とのお泊りに向けてわくわくでスタート!

 

【緊張の1回目】

1回目の施術は、「ある程度自分でお手入れしてきてください」と言われたので、全身くまなくカミソリで毛を剃っていきました。

VIOも初めて自分で剃りました。

「刈った」というくらいの毛の量で自分でもドン引き

お風呂の排水溝が久々に詰まりました。

用意されていたのは紙パンツとバスタオル。

バスタオルは最初だけ必要で、あとで回収されちゃいます。

紙パンツといっても、あってないようなものです。

最終形態はすべてなくなります。

 

【くすぐったい!】

「失礼しま~す」といって入ってきたスタッフさんは、20代前半のかわいい方でした。

まずは背面の剃り残しをチェックしてもらいました。

背中とかは剃り残りが多くて、スタッフさんに沿ってもらいました。

そのあとはジェルを乗せてもらって機械をあてていきます。

わがままボディが恥ずかしい背面をしてもらってる間はそんなことばかり考えていました。

 

【問題の胸・VIO

紙パンツのみの姿であおむけに。

明るい場所で裸を見られるのは結構恥ずかしいもんです。

でも、スタッフさんも慣れているようで、淡々と進めてくれました。

最後にVIO

紙パンツを着られ、文字通り真っ裸に(上半身はタオルがかけられています)。

VIOの剃り残しを処理してもらい、機械をあててもらいます。

恥ずかしさなんて通り越して「気持ちいい」くらいスッキリしました。

 

【ダイエットもしたくなる!】

脱毛を始めたころは55kgくらいあったんですが、毎回ボディを見られるたびに「痩せよう!痩せよう!」と思ってました。

結果、3年通って終わるころには50kg台に。

そのころには全身ツルツルです。

 

【いつ何があってもいい!】

今ではVライン以外はほぼ脱毛が終わり、セルフケアをしていません。

それでも、いつ泊りにさそわれてもいつでも脱げるボディになりました。

チャンスを逃さないためにも、脱毛って絶対必要なんですよ!