脱毛OLがゆく〜つれづれ人生一人旅

長年脱毛にトライしてきた丸の内OLが脱毛サロン、クリーム、脱毛器について実体験からレビューしてます

ケノンで肌荒れはしない?肌が荒れていても使用する事は出来るのか!?

 

SNSでも大人気の脱毛器ケノンは、フラッシュを照射して脱毛を促してくれます。
脱毛効果が高いと評判のケノンですが、それだけに刺激が強く肌荒れの原因になるのではないか?という心配もありますね。
いくら脱毛が出来ても肌荒れをしてしまったらイヤですよね。
また、もうひとつ気になるのが肌荒れ中にもケノンを使用する事が出来るのかという事でしょう。
日によって肌の調子は変わりますから、いつも状態が良い訳ではありません。
ケノンは脱毛だけではなく美顔機能もついていますから、そこも気になる点ですね。

ケノンを使用して肌荒れはしないのか、また肌荒れ中でもケノンは使用出来るのかこの2つの疑問を解決していきましょう。

■ケノンは刺激が強い?肌荒れはしない?

結論から述べると、ケノンは正しい使い方をしていれば敏感肌でも使用することが出来ます。
その理由について見ていきましょう。
まず、ケノンは脱毛器には珍しい日本製というところがひとつ目のポイントです。
日本人のデリケートな肌質に合わせて作られています。
日本の工場で徹底した品質管理のもとで責任を持って造られています。

また、ふたつ目のポイントはケノンのフィルターにあります。
フィルターも海外製ではなく日本の一流メーカーが、なんとケノンの為に専用に開発したものなんです。
この専用フィルターは肌に有害な光をカットしてくれるので、敏感肌でも安心して脱毛をすることが出来るんですね。
たかがフィルターと思うかもしれませんが、一見消費者にとって分からない部分の品質にもこだわっていることが肌へ負担を大きく変えるのです。

ケノンが敏感肌であっても肌荒れをせずに安心して使えるポイントはまだあります。
それは、照射レベルを細かく選べるということ。
レベル1からレベル10までの10段階で調整出来るから、低いレベルなら超敏感肌と言われる人でも使用可能です。

さらにケノンは、強い照射を1回するのではなく10連射機能にすることで、肌への効果をキープしながら負担だけを減らすことに成功しました。
これも、ケノンの使用で肌荒れを起こさない秘密になっているんですね。

■ケノンは肌荒れ中でも使用出来る?

こんなに肌への負担を抑えているケノンは、肌荒れ中でも使用出来るのでしょうか?
確かにケノンは低刺激で敏感肌であっても使用することのできる機器ですが、肌荒れ中はオススメしません。
肌荒れのレベルにもよりますが、見た目から赤くなっていたりブツブツが出来ていたり、ヒリヒリするなど明らかにいつもとは肌状態が違う場合は使用をしない方がベストだと言えるでしょう。

というのも、肌荒れをしている最中は、いつもなら何ともない刺激でも大きな負担となってしまうからです。
これはスキンケアでも同じことが言えます。
肌荒れをしている最中は、どんなに良い美容成分が入っている化粧品でも攻めのケアは刺激になってしまいます。
肌荒れ中は、守りのケアに徹底するのが賢い選択です。
ケノンは言ってみれば、攻めのケアですから、肌荒れの時はお休みをした方が良いでしょう。

ただ特にハッキリとした変化はないけれど、なんとなく肌の調子が悪いなぁ…という状態の時はケノンを使用しても問題ないでしょう。
それどころか、スキンケアカートリッジを使用して美顔ケアをすれば肌の調子もアップすると思いますよ。

◼ケノンで肌荒れをしない為の使い方

敏感肌でも使用する事の出来るケノンですが、どんな使い方をしても肌荒れをしない訳ではありません。
間違った使い方をすれば、いくらケノンであっても肌荒れを引き起こすことに…
ケノンを使うなら、肌荒れを起こさない正しい使い方を覚えておくべきですね。

まず、ケノンを照射する前に照射する部分を保冷剤などを使用して冷やすことが大切です。
こうする事で肌への刺激や痛みを押さえる事が出来ます。
照射レベルが低いと冷やさなくても痛みも感じませんが、照射レベルを高くするなら肌が丈夫だと自負している人でもしっかりと冷やす事をオススメします。
その一手間が肌荒れを防いでくれますよ。

そしてケノンを使用して脱毛をした後は、24時間は日光にあたらない事も大切です。
例えばケノンを使用した次の日に海へ行くなどのアウトドアレジャーは控えた方が良いでしょう。
また、ケノンを使用後にお手入れをするなら、低刺激な化粧品を使用してください。
脱毛後の肌は普段よりも敏感な状態になっていますから、刺激の強い化粧品を使うと肌荒れの原因になってしまうことも…。

また、ケノンを初めて使用する時は照射レベルは控えめにすると安心です。
自分の肌にあったレベルが分かるようになるまでは、低出力の照射がオススメですよ。

◼ケノンは生理中や妊娠中でも肌荒れしない?

ケノンは生理中や妊娠中の使用はオススメしていません。
これは、生理中や妊娠中は肌が普段よりも敏感になるからです。
ただ、実際には生理中や妊娠中でもケノンを使用している人もかなり多いようです。
そしてほとんどの人が、肌荒れなどのトラブルを起こしていません。
もちろん生理中や妊娠中ですでに肌荒れを起こしているような場合は、ケノンを使用することで肌荒れが悪化する可能性が高いでしょう。
ただ、生理中や妊娠中でも特に肌に変化がない場合は、ケノンの使用で肌荒れを起こす可能性は少ないと言えるでしょう。
ただやはり、通常とは違うという事で、上記の状態でケノンを使用するのなら照射レベルは下げたほうが安心です。
ここは、完全に自己責任だと言えますね。

ケノンは極めて安全に使用出来て、正しく使用する限りは肌荒れを起こす心配はないでしょう。
肌荒れが気になってケノンの購入を迷っているなら、そんな心配はいりませんよ。

ケノン公式サイトはこちら|購入ページ