脱毛OLがゆく〜つれづれ人生一人旅

長年脱毛にトライしてきた丸の内OLが脱毛サロン、クリーム、脱毛器について実体験からレビューしてます

ケノンなら脱毛による色素沈着を防ぐことができる?

 

ムダ毛の処理を繰り返して肌が黒ずんだことがありませんか。これはメラニン色素が原因です。でも、どうしてメラニン色素が沈着してしまうのでしょうか。また、黒ずみを防いで脱毛する方法はないのでしょうか。

 

●色素沈着を起こす原因

脱毛を繰り返すことで肌が黒ずんでしまうのは、色素沈着を起こしたからです。

黒ずみができやすいムダ毛の処理方法がカミソリと毛抜きです。

カミソリでムダ毛の処理をすると肌に物理的な刺激が加わります。この刺激から肌を守るためにメラニン色素が生成されます。メラニン色素は肌のターンオーバーの過程で排泄されるのですが、何度もムダ毛の処理を行っていると排泄が追い付きません。また、ムダ毛処理を繰り返していると肌は弱くなってターンオーバーが乱れてしまうため、なかなかメラニン色素は排泄されません。このようにメラニン色素が沈着をすることで黒ずみになります。

毛抜きの場合は毛を抜く際に肌に刺激が加わります。また、毛根周辺の毛細血管を傷つけて出血をして、肌にぶつぶつができることもあります。

カミソリや毛抜きは肌に大きな負担を与えるムダ毛の処理方法で、肌が黒ずんでしまう可能性あるのです。

 

●色素沈着を防ぐには

肌の負担を減らすことで色素沈着を防ぐことができます。

カミソリでムダ毛を処理する場合なら、ローションやクリームで肌を保護することで、あるていど肌への負担は軽減します。しかし、ローションなどで保護をしても肌への負担がゼロになるわけではないので、頻繁にムダ毛処理を行っていれば色素沈着を起こします。

カミソリや毛抜きに比べて肌の負担が少ない方法が脱毛サロンでの脱毛です。

多くの脱毛サロンでは光脱毛を行っています。光脱毛は毛の色素に反応する波長の光を使用した脱毛方法です。光を照射すると毛が反応をして光の熱エネルギーを吸収し、熱のダメージで脱毛が促されます。

しかし、脱毛サロンは料金が気になると思います。

もっと低価格で光脱毛ができるものがケノンです。

 

●ケノンとは

ケノンは家庭用の光脱毛器です。仕組みは脱毛サロンで行っている光脱毛と同じです。毛の色素に反応する波長の光を照射して、毛にダメージを与えて脱毛を促します。

家庭用光脱毛器は脱毛サロンの光脱毛に比べて出力が低く、脱毛効果が低いイメージがありませんか。たしかに、家庭でも安全に使用できるように脱毛サロンに比べて出力を低く抑えている脱毛器があり、高い脱毛効果期待できないことがあります。

しかし、ケノンなら高い出力を出すことができます。

ケノンは照射レベルを10段階で調整できます。レベル1は肌が弱い人向け、レベル10はしっかり処理したい方に向いています。細かくレベル調整をすることで、自分に合った方法で脱毛ができます。

そして、スピーディーな脱毛が可能です。

ケノンの照射面積は9.25平方cmと大き目です。広い面積に一気に照射できるため、短時間で処理をすることができます。片ワキならたったの10秒です。

また、面積が広いと照射漏れの心配が少なくなります。照射面積が狭い場合、何度も光を照射しなければならず、その分照射をし忘れた部位ができてしまうことがあります。けれども、照射面積が広ければ照射回数を少なくすることができ、照射のし忘れを防ぐことができます。

さらに、カートリッジを交換すれば美顔器としても利用できます。肌のお手入れに使用をすることで、つるつるな肌に近づくことが期待できます。

 

●ケノンの使用方法

ケノンを使用した場合でも、使用方法を間違えれば色素沈着を起こしてしまいます。色素沈着を防ぐためには、正しい方法で使用しなければなりません。

光脱毛は光の熱が発生するため、肌が熱を持ってしまいます。この熱を放置しているとやけどをしたり、肌の乾燥が進行する心配があります。また、熱によって脱毛時に痛みを感じます。

そのため、脱毛前と後には保冷剤で肌を冷やします。小さ目の保冷剤をタオルなどで包み、肌を冷やしてから光を照射しましょう。光を照射した部位には再度保冷剤を当てて冷やします。この一手間が色素沈着を防ぎ安全に脱毛をすることにつながります。

光を照射してもすぐに変化は見られないかもしれません。毛が抜け落ちるまでには少し時間がかかることがあるのです。時間がかかったとしても自然に抜け落ちるのでそのままにしてください。なかなか毛が抜け落ちないからと何度も光を照射すると肌の負担になります。

また、初めて使用をするときには照射レベルを一番低くしておくとよいでしょう。レベルを低くしておけば、肌が弱い方でも安心できます。低い照射レベルでは満足できなかった場合は、少しずつ照射レベルを上げてみてください。

脱毛が終わったら保湿クリームやローションでケアをしましょう。脱毛後は肌が熱を持っていて、何もしなければ肌の乾燥が進行をしてしまうため、保湿ケアをするのです。紫外線に対して肌が弱くなっているので、脱毛直後は紫外線にできるだけ当たらないように気をつけてください。

ケノン公式サイトはこちら|購入ページ