脱毛OLがゆく〜つれづれ人生一人旅

長年脱毛にトライしてきた丸の内OLが脱毛サロン、クリーム、脱毛器について実体験からレビューしてます

人気家庭用脱毛器ケノンでvio脱毛はできる?粘膜は?

 

家庭用脱毛器といえばこれと言っても過言ではない存在であるケノンですが、使ってみたいと思う部位はそれぞれ異なるかと思います。ワキに使いたい方もいれば、膝下や腕、男性ならばヒゲ脱毛もしてみたいと思うでしょう。

そんな脱毛部位の中でも昨今人気があるのがvioです。しかしvioという部位は非常にデリケートなため、事前にしっかりと使えるかどうか調べておかなければ怖いと思ってしまうものですね。

 

・ケノンはVだけ対応

全身の脱毛が可能なイメージがあるケノンですが、実はメーカーが利用を推奨しているのはVラインのみとなっています。Vラインのみでも自分の好みに合わせて使うことができるのですから、エステやクリニックなどで行うと少し恥ずかしい部位を自分で気軽にできるのは嬉しいものですね。

ケノンでVラインを脱毛する際にはまず、形をどのようにするか決めるのがおすすめです。スタンダードな逆三角であったり卵型であったり、少し個性を出してハート型など自分がしたい形を考えておきましょう。一般的に男性は自然な形がよいという意見が多いとされているので、その点を踏まえて形を決めるのも良いかもしれません。

形が決まったらいよいよ脱毛開始ですが、すぐにケノンを使用するのではなく、まずはきちんとムダ毛を剃ってから行うことが大切です。これはしっかりと光を届かせて効果を高めるためであり、家庭用脱毛器に限らずエステやクリニックでも必ず行う工程です。剃る際にはカミソリではなく電気シェーバーを使ってあげると肌への負担が軽減されるのでおすすめです。また、はじめからシェーバーを使うのではなくハサミで短くカットしてから剃ってあげるときれいに剃ることができます。

 

・IOは粘膜に近いため自己責任で

Vラインは推奨されていることがわかったけれど、IラインやOラインも脱毛したいという方も少なくないでしょう。

IOラインは推奨していませんが、自己責任で行う分には可能であるというのがメーカーの見解となっています。なぜ自己責任なのかというと、恐らくIラインOラインというのは粘膜からほど近い位置にあります。粘膜というのは非常にデリケートであるため、誤って照射してやけどをしたら大変なのです。また、IOラインは色素沈着しやすい部位ですから、黒い色に反応して脱毛する光脱毛を行うと毛が生えていない部分に照射してしまう危険があります。デリケートゆえに痛みを感じやすいということもあり、メーカーは推奨するわけにはいかないのでしょう。

しかしケノンと同じく光脱毛であるエステでは可能なことが多いため、注意して行えば効果自体は期待できるといえます。

 

・ケノンのvio脱毛方法

では自己責任でIライン、Oラインを脱毛する際にはどのようにして行えばよいのかというと、まずVライン同様にムダ毛を剃っておきます。この時粘膜を傷つけないように気をつけて作業をしましょう。鏡を見ながら、剃りやすい体勢を取ることが大切です。そして黒ずみやほくろなどを事前に保護しておきましょう。普通のシールなどでも問題ないですが、絆創膏やサージカルテープなど、白くて粘着するものを使ってあげると肌への負担も少なくスムーズです。ちなみにIラインの場合は白い下着を着用して、それをずらしながら行うようにすると粘膜へ触れてしまう心配が軽減されます。通常の下着でも問題ありませんが、白いものを持っていないのであれば紙パンツなども市販されていますから、それらを活用してあげるのもよいでしょう。エステなどではよく用いられているものです。Oラインは下着で隠しながら行うのは難しいこともあるため、シールやサージカルテープなどをうまく加工してあげるなどちょっとした工夫が必要です。

そしてしっかりと脱毛したい箇所を冷やしておきましょう。冷やすことで痛みを軽減させることができるためですね。下処理ができたらケノンを照射します。vioは皮膚が薄くデリケートなため、まずはレベル1から徐々に強くしていくようにしましょう。冷やしているから痛みが感じづらいからといって強くしすぎるのはよくありませんので、注意しておきましょう。カートリッジは通常ならばラージで、もしキャンペーンなどでもらったものがあればプレミアムを使ってあげるのも良いかと思います。

 

・アフターケアを忘れずに

処理が終わったら再びしっかり患部をアイシングしてあげましょう。こうすることで患部の炎症を抑えることができます。ある程度冷やし終わったら化粧水やクリームなどで保湿をしてあげることも大切です。顔に使っているもので問題ないですが、不安な場合にはデリケートゾーン用の化粧品を使うと安心です。

脱毛後の肌は非常にデリケートなため、肌への負担を極力減らしてあげることが大切なのです。

 

・自己責任故にしっかり行うことが大切

Vラインはともかくとして、IラインOラインはあくまで自己責任です。きちんと行うことがトラブルの防止へと繋がることは勿論、効果を実感することにも繋がるため、しっかりと対策をした上でケノンを使っていきたいものですね。

ケノン公式サイトはこちら|購入ページ