脱毛OLがゆく〜つれづれ人生一人旅

長年脱毛にトライしてきた丸の内OLが脱毛サロン、クリーム、脱毛器について実体験からレビューしてます

ケノンを生理中に使わない方がよい理由とは

 

女性はいつだってきれいな状態でいたいはずです。生理中でもムダ毛は気になってしまうのではないでしょうか。

ケノンは自宅で手軽に使える家庭用光脱毛器です。しかし、生理中にはケノンの使用はおすすめできません。生理中には使用を控えた方がよい理由があるのです。

 

●ケノンの特徴

ケノンは家庭で使える光脱毛器です。

光脱毛器はメラニン色素に反応する波長の光を利用しています。光を照射すると毛が持つメラニン色素に反応をして、光の熱エネルギーが毛に吸収されます。その熱のダメージで脱毛が促されます。

ケノンが使用している光は有害な紫外線などがカットされています。

ケノンの照射レベルは10段階設定が可能です。肌が弱い方は脱毛で肌が赤くなってしまうことがあると思いますが、レベルを一番低くしておけば脱毛ができる可能性があります。毛深い人は普段脱毛に満足できないことがあるかもしれませんが、ケノンならレベルを高く設定できるので、満足できる結果を得らえることが期待できます。

そして、ケノンならスピーディーにムダ毛をお手入れできます。片ワキならたった照射時間が10秒です。

スピーディーにお手入れできる秘密は、照射面積が広いことです。ケノンにはいくつかのカートリッジが用意されていますが、エクストラカートリッジなら照射面積が9.25平方cmもあります。一度の照射で広範囲を処理できるため、スピーディーなお手入れができます。

そして、美顔器としても利用できます。美顔用カートリッジに交換をすれば、肌のお手入れが可能です。美顔器として使用をすれば、化粧のノリがよくなったり、肌が明るくなることが期待できます。

 

●生理中の脱毛は控えた方がよい理由

生理中のケノンを使用することは可能ですが、生理中の使用はおすすめできません。その理由は2つあります。

1つめは脱毛効果を実感しにくいことです。

生理中にはホルモンバランスの影響で脱毛効果を実感しにくくなっています。せっかくお手入れをしても期待しているような効果を得にくいのです。あまりムダ毛を処理できないのにお手入れをするようだと、お手入れにかけた時間が無駄になってしまいます。

また、脱毛効果を実感しにくいと何度もお手入れをすることになり、その分肌の負担が増えます。肌の負担が増えれば、肌の黒ずみやブツブツができる可能性があります。

生理中にケノンの使用を控えた方がよいもう一つの理由は、脱毛時に痛みを感じやすいことです。

肌にはバリア機能があり、外部刺激から守ってくれています。敏感肌の場合、バリア機能が低下をしているのでわずかな刺激にも敏感に反応をしてしまい、脱毛時にも痛みを感じることがあります。脱毛時には光の熱が発生するため、これが痛みの原因になるのです。

生理中には肌のバリア機能が低下をしています。普段使用しても問題ない化粧品でも、生理中には肌荒れを起こしてしまった経験がありませんか。これは肌のバリア機能が低下をしていて、肌が敏感になっているからです。このようなときにケノンを使用すると、脱毛時に強い痛みを感じることがあります。痛みが強いと脱毛器の出力を上げることができず、脱毛効果を実感しにくくなります。

美顔器として使用をすることも控えた方がよいでしょう。生理中にはわずかな刺激にも敏感になっているので、美顔器の光も肌の負担になる可能性があるのです。

 

●生理中のお手入れの方法

生理中にはどのような方法でもムダ毛の処理はしない方がよいでしょう。

カミソリや除毛クリームなどなら安全にムダ毛処理ができそうですが、これらも生理中にはおすすめできない方法です。

カミソリは肌を傷つけるムダ毛処理方法です。生理中には肌が弱くなっていて、カミソリで処理をすると生理中の敏感は肌を傷つけてしまいます。肌を傷つけて本来の力が弱くなってしまえば、敏感肌になったり、肌が黒ずんだりする可能性があります。

除毛クリームには毛のタンパク質を溶かす薬剤が使用されています。肌もタンパク質でできているため、除毛クリームの薬剤は肌にも影響を与えます。生理中の敏感な肌にとっては、除毛クリームの薬剤は大きな負担です。

このように生理中にムダ毛処理をすると肌の負担になるので、生理中にはムダ毛処理を行わないようにしましょう。

どうしてもムダ毛が気になるようなら、シェーバーで処理をするとよいでしょう。シェーバーはカミソリに比べて肌の負担が少ないです。ムダ毛処理後の肌は弱くなっているので、シェーバーでムダ毛処理をした後には保湿ケアをしましょう。

 

●まとめ

ケノンは使い方を間違えなければ安全に家庭で使用できる光脱毛器です。しかし、生理中には使用を控えた方がよいでしょう。使用を控えた方がよい理由は、生理中は脱毛効果を実感しにくいことと、脱毛時に痛みを感じやすいことです。

生理が終わってから使用をした方が、より脱毛効果を感じられてきれいな状態に近づくことが期待できます。

ケノン公式サイトはこちら|購入ページ