脱毛OLがゆく〜つれづれ人生一人旅

長年脱毛にトライしてきた丸の内OLが脱毛サロン、クリーム、脱毛器について実体験からレビューしてます

ケノンを使用するとどうしてムダ毛が抜ける?その仕組みとは?

 

家庭用脱毛器と聞くと、ムダ毛を引き抜くタイプのものを思い浮かべる人がおられることでしょう。ハンディーサイズでありながらもヘッドに収められている機械がムダ毛をしっかりと摘まんで引き抜いてくれるこの脱毛器が販売されたとき、その性能の良さに多くの人が驚かされました。しかしさらなる衝撃を与えたのが脱毛エステなどと同じ方法でムダ毛を脱毛できる家庭用脱毛器です。

その種の脱毛器の中でも有名機種であるケノンは、現在多くの人によって使用されています。ではケノンの使用によってムダ毛が抜ける仕組みとは一体どのようなものなのでしょうか?秘密はこの脱毛器から発せられる特殊な光にあります!

 

ケノンの使用でムダ毛が抜けるのはIPLの作用

ケノンから発せられる特殊な光はIPLという名前で呼ばれています。この光はメラニン色素に対してのみ反応するという性質を持っています。そしてムダ毛にはメラニン色素が含まれているために、ケノンから放たれたIPLはムダ毛をターゲットとして作用するのです。ちなみに肌にはメラニン色素が含まれていないために、IPLが照射されてもその影響を受けません。

ムダ毛に照射されたIPLはその先に存在する毛根に熱を加える性質を有しています。つまりこの光を何度もムダ毛に照射すると毛根にはたくさんの熱が加わり、次第に弱っていきます。そして弱り切った毛根はムダ毛を支えることができなくなり、最終的に抜け落ちるのです。これがケノンによってムダ毛が抜ける仕組みです。

 

ケノンを使用すれはどんなムダ毛でも抜けるの?

ではケノンを使用すればどこに生えているムダ毛であっても処理できるのでしょうか?実のところ、粘膜に生えているムダ毛に対しては使用できません。なぜなら先にも触れたように、ケノンから発せられる光は毛根に熱を加えます。そのため粘膜上に生えているムダ毛に対して使用すると粘膜を傷めてしまうことになるのです。

またこの光はメラニン色素に対して反応するわけですが、中にはメラニン色素が非常に少ないムダ毛も存在します。たとえば産毛です。意外なことかもしれませんが、産毛は美容を妨げる要因となることがあります。夏になると露出の多くなる服装をするわけですが、このときに背中や肩に生えている産毛によって毛穴が開いてしまい、肌をきれいに見せることができずに苦労している人がいます。また顔に生えている産毛が化粧をブロックし、メイクが上手くできないという状況も生じ得ます。このような理由により、産毛を処理するためにケノンの購入を考えておられる人も大勢いるのです。しかし非常に細く、色素の少ないムダ毛に対してはIPLが反応しないこともあります。このような状況では産毛が抜けることはありません。

逆に太いムダ毛に対しては効果を発揮します。このようなムダ毛にはメラニン色素がたくさん含まれています。そのためIPLはこの種のムダ毛を容易に識別することができるのです。しかしこうした太いムダ毛に対してケノンを使用する場合、心得ておくべき点があります。それは多少強めの痛みを感じることがあるというものです。

これまで再三述べたように、IPLは毛根に熱を加えてムダ毛を脱毛する作用を有しています。ケノン使用時にチクッとした痛みを感じることがあるのは、この熱が毛根周辺の神経を刺激するからです。そして毛根が大きいとそれだけたくさんの熱がそこに集まるわけですが、その分熱による痛みも増し加わるのです。しかしこの痛みは我慢できないほど大きなものではないために、心配する必要はありません。それでも痛みの強さが異なると驚いてしまうことがあるために、この点をあらかじめ理解しておく必要があります。

 

簡単にムダ毛が抜けるケノン、使用時の注意点は?

これまでもいくつかの注意点について述べてきましたが、はやりIPLが熱を与える作用があることをしっかりと心に留め、使用するべきです。冒頭ではこの光を肌に照射しても問題ないと述べましたが、肌がメラニン色素を含んでしまう状況も存在します。たとえば日焼けは肌が紫外線の影響を受けてメラニン色素を溜め込んでいる状態です。そのため肌が日焼けしている場合、ケノンは使用できません。またほくろはメラニン色素が集合したものであるために、ほくろにIPLを照射すると火傷のような症状が現れます。そのためほくろはしっかりとカバーしてからケノンを使用するようにします。

また肌トラブルがあったり敏感肌が生じている場合も、使用を控えた方が良いでしょう。このような状況でケノンを使用するとIPLの刺激によって痒みや強い痛みが生じるようになるからです。肌の調子が100%万全とまではいかないものの、ムダ毛を処理したいと感じた場合は光のレベルを低めに調節することができます。ケノンの光のレベルは10段階であり、肌の状態に合わせて使用することができます。

こうした点をしっかりと理解した上でケノンを使用するのであれば、ムダ毛はきれいに抜けて美しい肌をキープすることができます。

ケノン公式サイトはこちら|購入ページ