脱毛OLがゆく〜つれづれ人生一人旅

長年脱毛にトライしてきた丸の内OLが脱毛サロン、クリーム、脱毛器について実体験からレビューしてます

脱毛器ケノンを使用して起きるトラブルのケースと対処法

 

ケノンは自宅で気になるムダ毛を処理できる大変便利なアイテムです。
その構造はとてもシンプルなのですが、説明書をよく読まなかったり、早く脱毛したいからと照射レベルを強くし過ぎると、トラブルが起きる可能性があります。
ケノンを使用することで起きるトラブルのケースと対処法について知っておきましょう。

1.やけどをする

ケノンでやけどをしてしまう人がいます。
原因は、照射レベルが強すぎることにあります。
ケノンは、黒い色の毛根に反応して細胞を破壊する程のエネルギーを発します。
皮膚が弱い人は色が黒くなくても光の熱に肌が負けてしまい、やけどをしてしまうことがあるのです。

やけどはケノンによるトラブルの中でも多くみられるケースです。
本来ケノンは安全性が高く、照射レベルが10段階に分かれています。
自分の肌に合わせて光の強さを調節できる様になっているのですが、ついより早く脱毛効果を得たいからと、レベルを高めに照射する人が多い為に、やけどのトラブルが起き易いのです。

対処法としては、処理をする度にまずはレベル1~2程度から始めることです。
その日によって体調が違えば肌の調子も変わることがあります。
まずは膝下など皮膚が丈夫な部位で試し打ちをして、体調をチェックしてから本番に入りましょう。

2.かぶれる

ケノンでは、一度照射した場所が分かりにくくなっています。
何度も同じ場所に照射すると、肌への刺激が重なり皮膚の保護力が失われてしまいます。
その為にちょっとした刺激や体温の変化でかぶれを生じるのです。
或いは、アレルギー体質や敏感肌で、ケノンの光自体が肌質に合っていないことも考えられます。

このトラブルは、照射レベルに関係なく起こり得ます。
対処法としては、同じ場所を何回も照射するのは避けます。
白いペンを用意しておき、照射した部分に印をつけていくのも良い方法です。
それでもかぶれが起きる場合は光が体質に合っていないので、使用を中止しましょう。

3.赤く腫れる

脱毛器を使用して赤く腫れる場合は、日焼と同じでやけどの一歩手前です。
原因はやけどと同様、照射レベルが高すぎることです。
或いは、日焼けをした皮膚に照射したことも原因として考えられます。
ケノンの光は黒い色に反応する為に、日焼けをして肌が黒くなると皮膚が熱を吸収してしまい、トラブルが生じるのです。

対処法としては、日焼けをした時には処理をしない様にすることです。
照射レベルの調整をすると共に、保冷剤や冷やしたタオルを用意しておき、照射前後にしっかり冷やすと赤味を抑えることができます。

4.埋没毛ができる

埋没毛とは、皮膚の外に毛が出て来られずに、皮膚の下で成長している状態です。
原因は、皮膚に刺激が加わり、負担が大きくなってしまっていることです。
皮膚に負担がかかり過ぎると脱毛後に皮膚組織が正しく再生されずに、ムダ毛が埋まったままになってしまうのです。
脱毛は皮膚に負担を与えるものであり、ケノンに限らず脱毛処理をすると起きることがあります。

対処法は、照射前後にしっかりと冷やしたり、照射後に保湿をして肌を保護することです。
毛穴の詰まりや古い角質も埋没毛を助長させるので、時には洗顔フォームで皮膚の汚れをしっかりと落とす要因洗うと解消していきます。

5.赤い湿疹ができる

ケノンを使用した後、毛穴が炎症をおこして赤い湿疹ができることがあります。
これは毛嚢炎と呼ばれ、皮膚のバリア機能が低下して炎症が起きた状態です。
原因は体調不良などにより身体の抵抗力が落ちている時に肌に刺激を加えたことによります。

対処法としては、風邪をひいている時や生理中など体調不良の時には照射しない様にします。
ケノンは自分の都合の良い時に処理ができるのがメリットですので、無理に行わない様にしましょう。

6. 硬毛化・多毛化

照射をした後で、以前よりもムダ毛が太く濃くなってしまうことがあります。
今迄産毛程度だった部位を脱毛すると、その後太い毛が生えてきてしまうのです。
これは、皮膚に刺激を与えることで細胞が活性化されてしまう為と言われています。
或いは脱毛をする前よりも毛の量が増えてしまうという口コミもありますが、こちらは毛穴の数が増えることはないので、毛の本数が増えた訳ではありません。
硬毛化することで、増えた様に見えるだけです。

対処法としては、そのまま脱毛処理を続けることです。
脱毛をすることで、段々と毛根が弱まり再生しにくくなっていきます。

7.光を直視してしまった

ケノンにはサングラスが付いていますが、見えにくいからと使用せずに照射をする人がいます。
フラッシュの光を見てしまうと失明してしまうと言われていますが本当でしょうか。
確かにケノンの光はかなり強く、初めて使用すると驚く程です。
しかし光のエネルギーは、距離に対して二乗で弱まっていくと言われているので、余程近くない限りはまず心配はいりません。
目に直接照射をすれば影響も出るでしょうが、ケノンは肌に密着した状態でないと照射できない様に設計されていますのでまず安全です。
見ない方が良いことは確かですので、出来ればサングラスを使用するのがおすすめです。


上記のトラブルは、全て異常を感じたら専門の医療機関を受診する様にしましょう。
ケノンは自己責任で使用することが前提ですので、正しい使い方で安全に脱毛をしていきましょう。

ケノン公式サイトはこちら|購入ページ