脱毛OLがゆく〜つれづれ人生一人旅

長年脱毛にトライしてきた丸の内OLが脱毛サロン、クリーム、脱毛器について実体験からレビューしてます

ミュゼでは妊娠中でも脱毛を受けられるの?

 

脱毛サロンで脱毛を受けている期間中、妊娠をすることもあります。妊娠中は口にするものや肌に触れるものなど、普段以上に気になると思います。脱毛も気になることの一つです。

ミュゼは女性に選ばれている脱毛サロンですが、ミュゼでは妊娠中に脱毛を受けることができるのでしょうか。

 

妊娠中に脱毛を受けられる?

ミュゼでは妊娠中の脱毛は行っていません。妊娠前に脱毛の契約をして、契約期間中に妊娠をした場合は、妊娠期間中は脱毛をお休みすることになります。

再会できるのは出産・授乳が終わり、生理が2~3回以上きてからとなります。

休会制度があるので妊娠をした場合でも解約する必要はなく、一時的に休むことができます。休会をする場合はお客様相談フリーダイヤル顔問い合わせフォームに連絡をしてください。

 

なぜ脱毛できないのか

ミュゼではSSC脱毛という脱毛を行っています。SSC脱毛はジェルとライトの力で肌の負担を減らしながらスピーディーに脱毛をする方法です。

ジェルには制毛成分が配合されていて、肌にジェルを塗って上からライトを与えると、ジェルの成分が肌に浸透をします。2週間ほどすると自然と毛が抜け落ちます。また制毛成分の働きにより、何度か施術を受けているとムダ毛が生えにくくなり、自己処理の回数を減らせるようになります。

肌への負担を減らしながら脱毛をしてくれるし、SSC脱毛は体に害を与えるジェルやライトを使用していません。それなのに、なぜ妊娠中に脱毛を受けられないのでしょうか。

妊娠中には妊娠を維持したり安全に出産をするために、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が増えています。女性ホルモンの分泌量が普段とは違っているため、脱毛効果を実感しにくくなります。また、妊娠中は肌がデリケートになっています。デリケートな肌は脱毛時に痛みを感じやすく、思っているように脱毛器の出力を上げられないため、これも関係して脱毛効果が減少をします。

また、万が一のことがあっては大変です。もしものことがあっても、脱毛サロンでは医療行為ができせん。万が一のことを考えて妊娠中は脱毛を行っていません。

 

その他お手入れできない条件

妊娠中以外でもお手入れができない条件があります。

肌の乾燥がひどいと肌のバリア機能が低下をしているため、脱毛時に痛みを感じやすくなります。バリア機能が低下をしていると、脱毛によって肌荒れを起こす心配もあります。そのため、肌の乾燥がひどいときには脱毛ができません。

日焼けをしているときも脱毛はできません。SSC脱毛に使用する光は通常なら肌に反応をしないのですが、肌が黒くなっていると光が肌の色に反応をしてしまうことがあります。肌の色に反応をして肌が光の熱エネルギーを吸収して、やけどをする恐れがあります。日焼をしてしまったら肌の色が落ち着くまで脱毛はできません。

ほくろがある部位の脱毛は行っていません。ほくろの色に光が反応をしてやけどをする心配があるからです。ほくろの部位はシールを貼って保護をして脱毛を行います。

生理中のデリケートゾーンも不可です。出血をしている状態でデリケートゾーンの脱毛をすることは難しく、また脱毛される本人も恥ずかしいことでしょう。体調が悪くないようなら、デリケートゾーン以外の部位の脱毛はできます。しかし、生理中は肌が敏感になっていて脱毛の痛みを感じやすいので、脱毛は控えることが望ましいです。

妊娠中以外でもこういった場合には脱毛ができないので注意をしましょう。

 

妊娠中のお手入れ方法

妊娠中でも女性はきれいでいたいはずです。ムダ毛が気になることもあるでしょう。そのような場合はどうしたらいいのでしょうか。

妊娠中にできるムダ毛のお手入れ方法はカミソリでの処理です。

カミソリで処理をすると肌が黒ずんでしまうことがあるので、できれな行いたくない方法です。しかし、除毛クリームやワックスは薬剤を使用するため体への影響が心配されます。毛抜きは毛穴から雑菌が混入をして炎症を起こす心配があるため、妊娠中でなくても行いたくない方法です。

カミソリでムダ毛を処理する場合は、必ず肌を保護してください。肌が乾燥した状態で処理をすると角質が大きく傷ついてしまうので、ローションやクリームなどを塗って肌を保護しましょう。

ローションなどで肌を保護したら、カミソリを毛の流れに沿って動かしてムダ毛を処理します。同じところを何度も剃ると肌の負担が増えるので一度で剃ります。切れがよいカミソリなら一度で剃ることができます。

処理が終わったら保湿ローションやクリームで肌を保護します。カミソリで処理をした後の肌は弱くなっているので、必ずローションなどで保護をしましょう。

使用したカミソリは清潔に洗い、乾燥した場所でよく乾かして保管をします。

肌が弱くなっているため紫外線の影響を受けやすくなっています。処理後は紫外線に当たらないようにするか、外出をする際は長袖や日傘などを活用して紫外線対策をしましょう。

 

ミュゼ公式サイトをみてみる