脱毛OLがゆく〜つれづれ人生一人旅

長年脱毛にトライしてきた丸の内OLが脱毛サロン、クリーム、脱毛器について実体験からレビューしてます

現在の自分の彼氏が高校生である場合に関しての、全ての事について触れた概要のあり方

今回の記事では、現在のご自身の彼氏本人が高校生といった立場である場合での、全てに関わる内容からなる概要について触れた内容が書かれてあります。

現時点での貴女ご自身が10代後半以上の年齢である社会人や、あるいは逆に14歳以下である幼年期の児童などであったりした場合ではあっても、大いに読んでいく価値のある内容の流れになっていますので、中々参考になります。

1.現在、自分が中学生以下で14歳以下の年齢である女子児童である場合

相手の彼氏の方が高校生で、自身が14歳以下である女子児童であった場合の話になります。

この場合、法的にも学則などでもかなりな様々な制限を受けたりしますので、この点に注意が必要になります。

ましてや、法律上の制限の形自体、刑法や特別法での刑事罰・賠償責任などは特にはありませんが、何をするにしても親兄弟姉妹・親族その他からなる、いわゆる親権者である方からの承諾が必要になったりする面も少なくはありませんので、特に恋愛面での制限などはその傾向があります。

それどころか、恋愛そのもの自体も禁止にされたりしてしまう可能性もありますので、彼氏本人との関係性などもその場で解消させらえれたりしてしまう、理不尽な事態なども招きかねない恐れも大いに考えられます。

2.現在自分が15歳以上の高校生や大学生である場合

この場合、相手側である彼氏本人が高校生で、自分自身の方も高校生や大学生であった場合での、ケースの話になります。

やはり、年齢的にも近く、法的にも同レベルでの適用がなされたりしていくような状態でもありますので、恋愛そのものを先程の1.の段落で話した貴女が14歳以下である場合よりも、制限自体は緩くなる可能性はあります。

ただ、貴女ご自身が18歳以上の大学生や有職者などの年齢であったりした場合、18歳以下の高校生男子を彼氏にしたりしていた場合、法的制限や性的行為などを行うと刑事罰などに問われたりする事も考えられますので、要注意な場合もケースによってはあります。

3.現在自分が20代以上の年齢層である場合

この場合、彼氏本人自身が未成年者であり、貴女ご自身が20代以上の年齢層である成人者というケースになります。

これ自体もよくあるケースになりますが、それでも間違うと、先程話した大学生や社会人などの若年層にあたる方の場合と同じく、刑事罰などになったりしてしまう可能性も高くなりますので、本当に命懸けな面なども少なくはありません。

確かに愛を全うされた方々なども、幾らか存在していますが、それでも多くは無いといった実態があります。

そうした事実を頭に入れながら、未成年者である高校生にあたる年若き彼氏本人との愛を貫いていける程の、信念やメンタル面での強さが必要になってくるところがありますので、相当な覚悟などは不可避と言えます。

4.彼氏本人が高校生といった現状は、本人自身の経済的自立事態も不十分であるといった事でもあり

やはり、高校生で本人によっては、まだ親その他の親権者である方と同居などをしたりしている事なども少なくはありません。そうした状況は、本人が完全に経済的自立そのものが出来ていない状況の現われでもあります。

そうした彼氏本人の、制限が多い日常生活面での実態がありますので、そうした現状を理解した上で、本人との関係性を貴女ご自身も考えていく必要性があります。

これ自体は不可避的な、彼氏本人が高校生である故の、宿命的なところでもありますので、この点を頭に入れながらお付き合いをしていくあり方になります。

5.まとめ

やはり、男女の違い、高校生とそれ以外の境遇の違い、それらの上で、貴女ご自身と彼氏本人が高校生であるといった現状を考えていく必要性があると言えます。

そして、彼氏本人が高校生とはいっても、その高校生といった内容が、16歳以下あるいはそれ以上、などといった違いというものがあり、それによって関係性のあり方自体が異なってくるところも出て来たりしますので、以上の点をよく理解をしておく事も、とても大事です。