脱毛OLがゆく〜つれづれ人生一人旅

長年脱毛にトライしてきた丸の内OLが脱毛サロン、クリーム、脱毛器について実体験からレビューしてます

彼氏の転勤が決まった、別れたくないから遠距離恋愛をしたい、今からすぐに取るべき行動とは

< 彼氏が転勤になったら自分で気持の整理を付けること >

サラリーマンには転勤はつきもの、彼氏が急に地方に転勤になってしまうこともあります。

今迄会えて当然だった彼氏がいなくなってしまう、そんな事態になった時には気持が混乱するでしょう。

しかし一刻も早く自分で気持の整理をつけて、行動を起こす必要があります。

あなたにとっての選択肢は3つあります。

・彼氏についていく

・遠距離恋愛をする

・彼氏と別れる

このうち「彼氏についていく」というのは、まず結婚することを意味しますので一人では決められません。

彼氏と別れたくない、将来的に結婚できる可能性を捨てたくないと思ったら、今どの様な行動を取るべきなのでしょうか。

< 彼氏の転勤の準備を積極的に手伝うこと >

会社で転勤がある場合は一応本人への打診があるものの、一度辞令が下りるとすぐに転勤する必要があります。

早い人は1週間後に転勤先へ出社しなければならなかったりします。

引越しの準備は非常に忙しく、彼氏にとっては彼女とのことをいちいち考える余裕もないでしょう。

そんな時には黙って遠距離恋愛を選び、今は彼氏の側で一番サポートをする役割を果たしましょう。

彼氏の部屋の片づけを手伝い、彼氏には転勤先に行って引越し先を見つけたり、引越し業者に手配をしたりすることに集中してもらうのです。

後は運び出すばかりの状態にまでしてあげると、彼氏の気持にも余裕ができて、あなたの気配りに感謝してくれます。

転勤を言い渡されてショックなのは彼氏の方ですから、この時に「私はどうなるの」「転職したら?」等と彼に詰め寄るのはやめましょう。

身勝手なことを言うと、彼氏がうんざりして転勤を機にそのまま破局してしまう可能性が高くなります。

< 転勤してから彼氏と連絡を取る頻度を考えておく >

遠距離恋愛になると、彼氏と連絡が取れないことで焦りや不安を感じ易くなります。

近くにいた頃はいつでも会えると思ってあまり気にならなかったのですが、遠距離恋愛になると2日~3日連絡が取れないと「浮気でもしているのでは」と心配する様になります。

彼氏も転勤すると、慣れない土地で新しい人間関係を築きながら仕事を覚えていかなくてはならないので、相当疲れてしまい、彼女への連絡が後回しになってしまいます。

女性は今までと全く同じ環境ですから、温度差ができてしまうのは当然です。

彼氏の転勤が決まったら、まず連絡をする頻度を二人で決めておきましょう。

毎日は面倒だと彼氏が言うのならば、急ぎの用件でなければ週に2回、或いは週末と決めておきます。

どれ位のペースで連絡がくるのかが分っていれば女性も安心だし、男性も面倒でも連絡をしようという気持になれます。

その際にテレビ電話機能を使える様にしておき、顔を見ながら会話をするのも刺激的で二人の関係を維持するのに役立ちます。

< 彼氏が転勤したらデートはどうするのかも決めておく >

遠距離恋愛で最も問題となるのが中々会えない、という点です。

デートをしたくても予定が決まらずに約束ができません。

移動をするのに距離があることから、ドタキャンをするとキャンセル料が発生してしまうので、確実でないと約束ができないのです。

また、場所に関してもどちらか一方が行き来するのか、中間地点で会うのかなど、様々なケースがあります。

彼氏が転勤する前に、直接会って話せる時にデートの方法については決めておきましょう。

その際には、交通費の負担についても話し合っておくべきです。

どちらかが行き来する場合、交通費だけではなく宿泊費もかかります。

ちょっとした旅行と同じで、何度もデートをすると一方に負担がかかってしまいます。

日帰りが可能なのか、宿泊を伴うならばボーナス直後にするなど、大まかに決めておきましょう。

< 彼氏が転勤したらあなたは仕事でやりたいことをやっておく >

彼氏が転勤してしまい、あなたが将来的に結婚したいと思っている以上、今の仕事は辞めなければなりません。

遠距離恋愛が上手くいっているうちに、心置きなく仕事に励んで成果を出したり、なるべく多くのスキルを身に付けておきましょう。

遠距離恋愛は大体2年位が目安となっています。

2年後に退職することを考えて、自分自身も少しずつ身辺整理を始めておきましょう。

< 彼氏の転勤が結婚を早める可能性もある >

何かと不便で辛い遠距離恋愛ですが、彼氏が転勤を機に結婚を決断してくれた、というカップルも多くあります。

決してネガティブに捉えずに、自分達は試されているのだと思って前向きに行動していきましょう。