脱毛OLがゆく〜つれづれ人生一人旅

長年脱毛にトライしてきた丸の内OLが脱毛サロン、クリーム、脱毛器について実体験からレビューしてます

貴女に対しての彼氏からの、暴言や暴力行為をはじめとするDV全般に関しての内容について

今回の記事では、同居をしている恋人・夫婦・内縁関係者などの間で起こり得る家庭内暴力にあたる「DV(ドメスティック・バイオレンス)」に関しての全般的な内容の記述がなされています。

現在の貴女が自分の彼氏本人との同棲中の状態で、本人からの暴力を受けたりした際の、あるいはその可能性が考えられる場合において、その際での対応方法や参考内容などの記述などもされていますので、女性である貴女も大いに読んでいく価値がある記事内容でもあります。

<1.同棲をしていなければ、基本的にDVの認定がなされない彼氏・彼女側からの暴力の実態>

ここでいうDV自体は、あくまで同居・同棲などのような、日常生活面が一体化している状態が暴力行為としての認定をされるような前提になっています。

そのため、同居・同棲状態ではないカップル同士間での場合には、暴力行為そのものをDVとは認められない事も、法律上は大半な現状があります。

そして、老若男女問わず、何れでの場合も加害者としての実態がありますので、この点をよく理解をしておく事も大切です。

<2.現在、彼氏本人からの暴力を受けている貴女へのアドバイス>

現在、もし貴女がパートナー男性である彼氏の側から同棲をしていて暴力を受けていたりした場合には、具体性がある場合にはその暴力行為自体のDV性が認定をされる可能性が高くなり、担当官庁なども通報さえあれば、何らかの対応が可能です。

しかし、それでも不十分なところがある実態なども報告をされたりしていますので、決して万全とは言えない現状でもあります。

<3.これから、彼氏本人から暴力を受けつつある可能性のある貴女へのアドバイス>

このようなケースでの場合、貴女自身が彼氏側からの暴力自体を受けたりはしていない状態ですので、彼氏本人による行為の度合いによっては、中々方的にDV該当要件としては認められない事も少なくはありません。

また、このような状態自体、あくまで暴力行為を受け得る可能性が考えられる段階であり、具体性そのものに欠けるような様子でもありますので、中々、対応面での難しさがあらゆる面であります。

ただ、それでも事前防止としての対応方法の考察や実行などは、決して女性である貴女ご自身にも不可能ではありませんので、有効な方法自体を見つけていく価値は大いにあるものと考えられます。

<4.その暴力自体の根拠を探究していく必要性の大切さ>

今話した2.、3.各段落のようなケースでのアドバイス内容からも窺えるように、必ず対応面での限界といったものがあります。こればかりはどうしようもありませんので、そこで、このような暴力自体の根拠を探っていく必要性が、効率よくDV問題を解決していくためにも出て来るところがあります。

本当に中々難しい現状がありますが、これをやらなければやはり、事態が悪くなり女性である貴女ご自身が、自らの心身両面での衛生面における被害を受けたりしてしまう可能性があります。

こうした事態をなるだけ効率よく防いでいくためにも、心身両面での被害を最小限に食い止めていく事を意識をした対応策などのあり方が、まさに必須になってくるところが明らかにあります。

<5.以上の内容を踏まえたまとめ>

基本的に、一女性である貴女に対してのアドバイスになったのかどうかは分かりませんが、一通り、参考になる内容の記述をなるだけ、簡潔明瞭にさせて頂いた感じになります。

文章表現上での限界やクセなどもあって、内容が分かり辛いところなどもあったかもしれませんが、具体的なDVでの暴力行為に対しての対応方法自体には、あえて触れませんでした。

やはり、同居・同棲中での生活環境のあり方がありますので、それ自体を踏まえてみるとやはり、それら毎に主体者である貴女自身がまず、ご自身なりの対応方法を考えたりした上で、同居環境からの脱出を行い、その状態で周囲への助けを求めていくような形が一番ベストであると考えられます。